交通費清算は早く行う

交通費清算は早く行うのが一番いいです。ちょっとためておくと、どんどんいつのものかわからなくなってしまいます。こういうのは早くするのが一番です。それに会社の仕事で使った交通費というのは、立て替えているものなので、会社から早く返してもらうほうがいいですね。そうするには、早く処理するのが一番だと思いますこれが遅いようでは、他の仕事もどんどん遅れていくだろうなと思います。案外交通費というのはちりも積もればという感じでたまっていきます。たまってしまった金額をどんと渡されても経理の人も困ってしまいます。なので、ここは翌日か翌々日には処理出来るようにしておくといいと思います。そのほうがお互いにすっきりとするのではと思います。近所の出張とかだったらいいですが、遠方だと電車代だけでもすごい金額になってきますよね。


交通費清算は自分でもルール作りを

会社で交通費清算をついつい忘れて損してしまったことはありませんか。もしくは一年分貯めておいたものを毎年慌てて処理するという人もいるかもしれません。そんなことにならないように、精算はこまめにやっておいたほうがいいです。一日の終わりの日課にしとくのです。それが難しい人は手帳に残しておいて、一週間ごとに記入するなど自分なりにルールを決めておきましょう。ルールを決めればあとは実行するのみです。ルール作りは決して実現不可能なものにしてはいけません。自分のやりやすいルールに変更していきます。また、清算の手続きが面倒な場合はもっとやりやすいようにしてくれと訴えてみるのもありです。もしかしたらいいシステムを導入してくれるかもしれません。みんなで声を上げて要望を伝えてみましょう。それまでは損しないようにコツコツを申請していきます。


英語教室でボランティアの交通費清算をしています。

私の職場にある英語教室では、外国人がボランティアで日本人に英語を教えています。職場では、ボランティアに交通費を支払うことになっています。交通費清算をするためには、ボランティアに交通費申請書を3ヶ月に一度提出してもらいます。その申請書の合計額をパソコンの表計算ソフトを使ってまとめます。そして、銀行でお金を下ろして、ボランティアの名前を書いた封筒に申請のあった金額の交通費を入れてボランティアに渡すのです。下ろしたお金は金庫に保管をしなければなりません。最近では安全性を重視して、銀行振込みにしたらどうかという意見も出ています。ボランティアの中には自転車や徒歩で来るので、交通機関を利用しない人もいます。英語を教えることは日本人との交流の機会を持つことができ、教えるというよりも、互いに学びあっているとあるボランティアは話していました。この事業はこれからも続けていきたいです。