交通費清算の仕方について。

企業にて交通費清算を行う際には、いくつかの書類を書き、清算を行うことになるでしょう。私は接客業のパート社員として働いていた頃、色々な店舗に応援や搬入に行きましたが、その度に交通費清算に関する書類を書くようにしていました。ガソリン代、電車賃、バス代など、全てを細かく記入し、企業にはかなり厳重にチェックされました。通勤距離について、おかしな点があるならば、企業はすぐに指摘してきましたし、定期を買った方が安い場合は、定期を買いなさい、という指示がすぐに出るようなところでいsた。会社によって清算のチェックの厳しさは様々ですが、私が勤めていた企業はかなり細かくチェックを行っていたようです。このようにして、かかるコストを徹底的に抑える方針の会社だったのかな、という風に感じています。一般的な企業は、ほとんどの場合、そこまでよく見ない、と思われます。


会社での交通費清算について

この前、会社でガスに関する試験を受けるように言われ、3日間講習を受けに行きました。講習が受講される施設は会社とは違い、会社と離れたところまで受けに行く必要がありました。1日、1000円の昼ごはん代と交通費が支払われるようでしたが、その交通費清算は会社のパソコンから入力して申請するということを職場の上司に聞きました。車、バイクでは受講しに行くなと言われていたので、わざわざ電車とバスを利用して行きました。普段、会社までの交通費は毎月の給料の時にもらっているわけですが、こういった講習を受けに行くなどは後日、給料日とは別に支払われると聞いていました。現金手渡しでもらうものかと思っていましたが、この前、通帳記入をした時に入金されていたので、申請してからもう振り込まれているというのを確認して、なんて仕事の早い会社なのかと思いました。


交通費清算は早めにしましょう

会社で出張などをした際の交通費については、後日「交通費清算」をすると思いますが、これは早めに行う方が良いでしょう。まず、後半に遅れると、他の精算の分もあるので、作業に相当な時間が掛かってしまいます。月末の清算作業はかなりの負担です。出来るだけ貯めないことがポイントになります。また抜け漏れを防ぐ意味でも、都度の清算の方が良いと思います。ひとまず自分のお財布からお金を出す訳ですから、損をしてしまっては大変です。上司のチェックが甘ければ、そのまま承認されることもあり、未清算の経費が出てしまう可能性もあります。そういう意味でも都度の清算の方がミスは起きにくいのです。上司については、1ヶ月分をまとめてチェックする人と、半期で区切るタイプの人と分かれると思うので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。いずれにしても早めの行動がビジネスでは大切ということです。